葉酸

あしたばを使った青汁

緑色の粉末青汁は、以前青物野菜と言った呼び名から青汁と命名されています。
「青果店」と言った名称を使っている個人店舗などは今でもたくさんあります。
青汁の主原料としては、ケールや大麦若葉などがありますが、あしたばもこれと同じ主原料です。
これに添加されている他の野菜や追加されている栄養成分も各社様々で、どれがいいのかは一概には言えません。

あしたばは、セリ科シシウド属の比較的温暖な太平洋岸に自生する日本原産の植物です。
現在ではこの栄養価に注目が集まり、葉物野菜として主に東京都の農家で栽培されています。
あしたばもセリ科の植物ですから、独特なクセがあり灰汁も少しあります。
料理に利用する場合は、油炒めや天ぷらなどにしてクセを和らげた調理法をとることが多いようです。
あしたばに含まれる栄養素は、ほかのものと変わりませんが、どれをとっても含有量が多く含まれています。
また、あしたばにはカルコンとクマリン酸が含まれていることで、他の原材料と異なる点です。
カルコンは、抗バクテリア性、抗菌性、抗腫瘍性、抗炎症性の各作用が期待できる物質で、クマリン酸は抗酸化作用や抗菌作用があります。
何と言っても一番ありがたいのが必須成分であるミネラルです。
他のものに比べ含有量が多いので、体調を整えるには最適の状態です。
他のものと異なる点を挙げるとしたら、それは料理にあると思います。
ケールなどに比べクセが少ないので、調理方法が少しでも多彩になる点でしょうか。

青汁を製造するのに定義はありません。
従って、あらゆる有用性のある栄養成分を多く含んでいるものをベースとして製造する訳ですから、どのような野菜からでも作ることができますし、野菜以外でも食べて無害な植物で栄養価が大であれば、それも利用されることになります。
一般的に販売されているものの中で、オーソドックスな青汁を選択されるケースが多く、主流はケール、大麦若葉、あしたばということになります。
サプリメントhttp://www.rotary-chula.org/jel.htmlも大切ですが、たまにはあしたばを使った料理を食べられるのもいいと思います。
関東圏以外の方は、入手するのが難しいかもしれません。